2017/07/29

【報道リンクまとめ】7月27日(木)・28日(金)

【7月27日(木)】

子ども保養施設で交流 ベラルーシ訪問団、放射能対策で建設:福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170727-191380.php

小美玉市産のタケノコ 出荷制限を解除:茨城 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201707/CK2017072702000190.html


【7月28日(金)】

出荷制限中のクロダイから過去最高値のストロンチウム90検出(まさのあつこ) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/masanoatsuko/20170728-00073837/

コメの全量全袋検査 県内農家らにアンケ…県が実施へ : 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20170728-OYTNT50030.html

帰還後の福島:富岡町ーみんな帰ってこない、でも大地とともに生きる(中村真夕) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamuramayu/20170728-00073661/


2017/07/27

【報道リンクまとめ】7月25日(火)・26日(水)

【7月25日(火)】

風評など影響、セミナーハウス相次ぎ撤退…福島 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170725-OYT1T50019.html

「復興住宅なじめず」 県内各地社協、避難者の課題報告 /福島 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170725/ddl/k07/040/041000c


【7月26日(水)】

県産魚介類購入アンケート 「問題なく購入」75% 東京・築地 福島民報
https://www.minpo.jp/news/detail/2017072643632

乳歯の被ばく状況調査 福島歯科医師会が事故後生まれ、提供求める 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017072602000245.html

<汚染廃>土壌還元処理 実験場で牧草刈り取り/宮城 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170726_13038.html

2017/07/25

夏のおたよりに「ポストカード」いかがでしょう?

次々と避難解除されて、帰還が促されています。
それらの基準は20ミリシーベルト…

でも、それっておかしい。

関東では、1ミリシーベルト基準(から算出した基準)を超えれば
報道されたり、自治体によって対応がなされる中、
なぜ、福島県では、6年経った今も
20ミリシーベルトで安全とされるのでしょう。

慣らされてしまいたくはありません。

公衆の追加被ばく限度は、年間1ミリシーベルト。
それが原子力政策を推進する政府も守ってきたはずの基準です。
福一の事故が起こって、緊急時の基準が今もまかり通るのは
やっぱりおかしいと伝えていきたいです。

言い続けていきたいです。
「1ミリシーベルトの約束」。
さりげなく、大切なことを手渡していきたいです。

夏に吹き抜ける風のように、
さらりと伝えてみませんか。

※ポストカードは全3種類。亀山ののこさんによる、子どもたちの写真です。
 表面には、1ミリシーベルトの約束の文字と、サイトのQRコードが入っています。

※お申込みは、こちらから。
 大変お買い得になっています。
 3枚1組 3セット9枚入(送料込)200円
     20セット60枚入(送料込)600円

  https://goo.gl/KV12bq




8/8福島/2017年夏休みこども放射線ワークショップ

(ふくしま30年プロジェクトさんのイベントです。夏休みの一日、友達を誘って、ぜひ参加できるといいですね。 子ども全国ネット)
http://fukushima-30year-project.org/?p=8569

夏休み中の8月8日(火)に、木村真三先生に教えてもら
う「夏休みこども放射線ワークショップ」を開催します。

『測って、知って、記録する』
『そして、考え、話し合う』

放射線の授業を本当に分かりやすく、楽しく教えて下さることで有名な、木村真三先生に来ていただき、子ども向けの放射線ワークショップを行ないます!
「自分のことは自分で守れるように」
子どもにとっても分かりやす〜いお話しは、もちろん大人が聞いても分かりやすいと大人気です。
夏休みに、親子で木村真三先生のお話を聞きにきませんか


場所:みんなの家@ふくしま (福島市笹谷字清水14-12)
参加費:無料

申し込みはお電話、又は下記メールフォームよりお願いします。
主催・問い合わせ・申し込み先:NPO法人ふくしま30年プロジェクト

TEL:024-573-5697

【申し込み専用メールフォーム】
http://fukushima-30year-project.org/?page_id=2094

木 村 真 三 先生 プロフィール


獨協医科大学国際疫学研究室室長・福島分室室長 准教授 二本松市放射線専門家チーム アドバイザー
1967年愛媛県生まれ。放射線衛生学者。2000年、北海道大学より博士号(地球環境科学)取得放射線医学総合研究所、労働安全衛生総合研究所を経て、2011 年8月より獨協医科大学准教授、同大国際疫学研究室長。チェルノブイリ原発事故被災地ウクライナにおける健康調査の功績から、ジトーミル国立農業生態学大学より名誉教授号を授与される。1999年9月東海村 JCO 臨界事故の経験から、福島第一原発事故直後に現地入りして放射線量測定、サンプル採取を実施。汚染の実態を明らかにし、その様子が2011年5月の NHK ETV 特集『ネットワークでつくる放射能汚染地図』で放映され、反響を呼んだ。




【報道リンクまとめ】7月24日(月)

【7月24日(月)】

名物「しらす丼」に喜多方産米 湘南海岸・海の家が復興支援  福島民友

<宮城汚染廃>圏域処理 住民理解へ県も努力を 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1090/20170724_01.html

語り継ぐ震災(7月24日)福島民報

福島の子に楽しい夏を 海遊びや収穫 京都 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170724/k00/00e/040/145000c



[福島日報ダイジェスト] 「軽井沢のタラノメから233ベクレル」全国モニタリングダイジェスト5月22日

(フクシマンこと、池田雅之さん発行のメルマガより転載させていただきます。
HPは、こちらです。https://ameblo.jp/masa219koro/  子ども全国ネット)


5月22日に厚生労働省より発表された「食品中の放射性物質の検査結果について 第1034報」によりますと

福島県を除く36の都府県・市などの各自治体から入手した放射性セシウムの検出検査結果4,591件のうち、

国の定めた基準値 100Bq/kgを超える数値が検出された検体は、次の9件で、


宮城県栗原市産の野生のコゴミ2件から

183.1Bq/kg、

268.1Bq/kg


宮城県丸森町産の野生のタケノコ9件中の2件から

176.4Bq/kg、

450.4Bq/kg


新潟県津南町産のコシアブラ3件中の1件から

123.0Bq/kg


長野県軽井沢町産のタラノメ1件から

233.4Bq/kg


長野県軽井沢町産のコシアブラ2件から

162.7Bq/kg、

405.7Bq/kg


長野県軽井沢町産の野生のコゴミ1件から

156.9Bq/kg


でした。

以上、厚生労働省発表「食品中の放射性物質の検査結果について 第1034報」の要約でした。



※現在厚労省ダイジェスト福島県版は、ココラジ(郡山市のコミュニティーラジオ)で放送中の、「放射性物質検査結果報告」の放送原稿をお借りして、投稿させていただいています。

ココラジ(FM79.1Mz)の、「放射性物質検査結果報告」の放送時間は、毎週「月曜~金曜」の、「午後16時40分」になります。スマホやパソコンから全国での視聴も可能です。
参照:http://www.kocofm.jp/

(郡山市 池田雅之)

2017/07/24

【報道リンクまとめ】7月22日(土)・23日(日)

【7月22日(土)】

横浜市、小中学校等の校庭地中に放射能汚染物を放置…場所等を公開せず、保管庫設置・移管/神奈川 7/22 Business Journal
http://biz-journal.jp/2017/07/post_19884.html

【アーカイブ動画】 「3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?」 OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2155

福島県の子どもたちが伊那の自然を満喫/ 長野 7/22 伊那谷ネット
http://inamai.com/www/ictnews/detail.jsp?id=48677


【7月23日(日)】

思い切り古都の夏休み - 福島の子どもら奈良に招待/ならコープがプロジェクト 奈良新聞
http://www.nara-np.co.jp/20170723095657.html

原発事故賠償のADR打ち切り 栃木住民7000人分:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21HCR_T20C17A7CR8000/

「ふうあいねっと」5年 福島避難者と共に歩む 茨城新聞
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15007280104562