2018/05/20

【報道リンクまとめ】5月19日(土)・20日(日)

【5月19日(土)】
帰還困難区域「飯舘村長泥」区長の希望と現実(上)動き出した「復興拠点」計画:デイリー新潮
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05190530/?all=1

帰還困難区域「飯舘村長泥」区長の希望と現実(下)「ネットワーク型」で帰還は促進するか:寺島英弥/新潮社Foresight
http://www.fsight.jp/articles/-/43716


【5月20日(日)】

汚染廃棄物処理 黒川圏域も試験焼却 22日着手、計30トンを予定/宮城 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180520/ddl/k04/040/055000c



〈子ども全国ネットHP一時クローズのお知らせ〉
リニューアル作業のため、5/15~25
まで子ども全国ネットホームページにアクセスできなくなります。

ご利用いただいているみなさまにはご不便をおかけいたしますが、
少しでも使いやすい、アクセスしやすいページにできるようにしようと考えております。
なにとぞ、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

25日以降も、HPリニューアル作業のため、HPをご覧いただけないことがあります。
5/25以降のHPクローズのスケジュールは別途お知らせさせていただきます。


情報ブログ、Facebook、「ほうしゃのうきほんのき」サイトは通常通りご覧いただけます。

冊子「ほうしゃのうきほんのき」のお申込み&ダウンロードはこちらから。
https://www.311kihonnoki.com/


〜読み、書き、そろばん、快医学〜 「子どもたちの快医学講座」

「子どもたちの快医学講座」をほよーん相談会のいわき会場にて開催します。ぜひご参加ください。

○日時:2018年6月2日(土)午後2時~3時(10分前集合でお願いします)
※3日(日)の二本松会場は子ども向け講座はありません。
→個別に相談会、手当て体験になります。

○内容:
からだを気持ちよく温める手当法、
からだの歪みを治す操体法など、
子どもでも気軽にできる手当て法の体験会

○対象者:小中学生(保護者同伴も可能)

○会場:うけいれ全国保養相談会場内 いわき市生涯学習プラザ4階「多目的室」
(〒970-8026いわき市平字一町目1番地 ティーワンビル内)
http://gakusyuplaza.city.iwaki.fukushima.jp/index.htm

○講師:橋本俊彦(鍼灸師)
 アシスタント:蛭田和代 佐藤令
○参加費:無料 
○定員:15名 要予約
(先着順・申込締め切り 6月1日)
○お申し込み:090-6450-4498(蛭田和代)
○動きやすい服装でお越しください。

主催:快医学手当て隊 代表 橋本俊彦
長野県松本市岡田町793-3

神奈川・横浜/6/10(日) 原発から7年 〜子どもの健康被害はいま



原発事故後、被曝による子どもたちの健康被害への不安に応えて関東や福島で甲状腺エコー検診を実施し、ベラルーシで、現地の医師による甲状腺検診研修も経験してきた内科医の牛山元美さんに、子どもたちの甲状腺がんや健康被害、避難した家族の現状などについてお聞きし、いま私たちがこの状況で何ができるか、ご一緒に考えたいと思います。


◆日時:2018年6月10日(日) 14:00〜16:00
◆会場:スペースナナ(アクセス
横浜市青葉区あざみ野1-21-11

◆参加費:1,000円(飲み物付き)
◆主催:NPO法人スペースナナ

◆協力:東北キッチン
◆申込み・お問合せ

TEL 045-482-6717
FAX 045-482-6712

E-mail event@spacenana.com


【プロフィール】牛山元美(うしやま・もとみ)さん

神奈川県にある、さがみ生協病院の内科医として勤務。二男の母。原発事故後、被ばくによる健康影響を気にする母たちの声に応えながら、関東や福島県で甲状腺エコー検診を実施。ベラルーシで、現地の医師による甲状腺検診研修も経験。関東子ども健康調査支援基金協力医。2016年3月より、「311甲状腺がん家族の会」世話人を務め、現在は「3.11甲状腺がん子ども基金」顧問。

うけいれ全国より/6/2 いわき・6/3二本松にて保養相談会

(うけいれ全国より、お知らせです。夏休みの保養相談会が、今年はいわき市と二本松市で行われます。イベント等もあります、お気軽にどうぞ。 子ども全国ネット)

うけいれ全国では、夏休み前の保養相談会を、6月2日と3日の土日に、福島県いわき市と二本松市で開催します。現在確定しているのが、ブース参加で40団体。会場運営やチラシのみの団体も入れると50団体を超えます。全国から結集します!予約不要、相談無料です。ぜひお気軽にご来場ください。


第39回★【1日目】★2018年6月2日(土)

浜通り相談会(いわき市)13:30~17:00
会場:いわき市生涯学習プラザ4階
(〒970-8026いわき市平字一町目1番地 ティーワンビル内)
http://gakusyuplaza.city.iwaki.fukushima.jp/index.htm

第40回★★【2日目】★★2018年6月3日(日)
中通り相談会(二本松市)11:30~15:00
会場:福島県男女共生センター1階
(〒964-0904 福島県二本松市郭内一丁目196-1)
http://www.f-miraikan.or.jp/

<ブース参加>(40団体)
①北海道札幌市 NPO法人みみをすますプロジェクト
②北海道札幌市 北海道教区教務所ほっこりプロジェクト
③北海道苫小牧市 フクとま
④北海道 北海道寺子屋合宿
⑤北海道富良野市 ふらのチャリティウォ―ク
⑥北海道札幌市 NPO法人福島の子どもたちを守る会・北海道
⑦埼玉県/東京都練馬区拠点 NPO法人福島こども保養プロジェクト@練馬
⑧全国 子ども被災者支援基金
⑨全国 日本YWCA カーロふくしま
⑩山形県 TEAM毎週末みんなで山形 ▼2日いわきのみ
⑪山形県/福島県福島市拠点 NPO法人青空保育たけの子
⑫新潟県/二本松市拠点 NPO法人ライフケア
⑬福岡県北九州市/福島県須賀川市拠点 はっぴーあいらんど☆ネットワーク ★3日二本松のみ
⑭東京都 福島子ども支援・八王子
⑮神奈川県 母ちゃんず~こどもたちの未来を守りたい~
⑯埼玉県/神奈川県拠点 カラッポの会(長瀞やなせ「カラッポのおうち」の会)
⑰神奈川県鎌倉市 かまくらあそび楽宿
⑱新潟県 いのちキラキラ希望の風フェスタ ★3日二本松のみ
⑲福井県 福福子どもの笑顔プロジェクト
⑳福井県 殿下被災者受入委員会
㉑山梨県北杜市 4月3日のひろば
㉒長野県上田市 NPO法人子どもの保養サポート・上田 ▼2日いわきのみ
㉓長野県松本市 NPO法人まつもと子ども留学基金
㉔岐阜県 NPO法人KIプロジェクト
㉕愛知県 おいでん!福島っ子!運営委員会
㉖三重県 ふくしまいせしまの会
㉗三重県 福島保養キャンプinみえ
㉘滋賀県 びわこ☆1・2・3キャンプ実行委員会
㉙大阪府高槻市 たかつき保養キャンプ・プロジェクト
㉚京都府 ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ
㉛大阪府 よつば関西保養キャンプ
㉜岡山県津山市 ふくしまっ子津山でのびのび元気回復2018夏休み親子保養プロジェクト
㉝岡山県瀬戸内市 せとうち交流プロジェクト
㉞山口県 おいでませ山口♪定住支援ネットワーク
㉟香川県 NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
㊱沖縄県/福島県いわき市拠点 いわき放射能市民測定室たらちね ▼2日いわきのみ
㊲沖縄県 沖縄・球美の里 ★3日二本松のみ
㊳宮崎、米沢、ドイツ、オーストラリア 特定非営利活動法人アースウォーカーズ
㊴こころとからだの相談室(臨床心理士/医師)
㊵快医学手当て隊

<資料のみ参加>(10団体)
兵庫県 笑顔つながるささやまステイ実行委員会
大阪府 心援隊
東京都 福島こども保養プロジェクト@しながわ
京都府 ミンナソラノシタ幼稚園留学
北海道 生活クラブ生活協同組合
鳥取県 冒険あそび場IWAMI
北海道 かみしほろ5000本のひまわりの会
北海道 被災者支援ネットワーク・むすびば十勝
静岡県 子どもたちを放射能から守る伊豆の会
宮城県 手のひらに太陽の家

<スタッフ参加>(11団体+1名)
むすびば
SGU研
踏青楽舎
NPO法人KIプロジェクト
NPO法人みみをすますプロジェクト
4月3日のひろば
とちの実保養応援団 ▼2日いわきのみ
いわきの子供を守るネットワーク ▼2日いわきのみ
NPO Earth Angels ★3日二本松のみ
白馬五竜観光協会 信州・白馬ですごす夏
こどものために.みん


2018/05/18

【報道リンクまとめ】5月17日(木)・18日(金)


【5月17日(木)】

<汚染廃>22日から試験焼却 半年で最大30トン/黒川・宮城:河北新報
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201805/20180517_13034.html

大崎市、汚染牧草すき込み開始 前年度5倍の16トン予定/宮城 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20180517/ddl/k04/040/146000c

茨城の山菜から基準超セシウム 254パック出荷/福島 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180517/ddl/k07/040/066000c

8年ぶりの稲作 南相馬の旧避難区域、復興へ前進/福島 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20180517/ddl/k07/040/053000c


【5月18日(金)】

4割超が農業再開断念 福島、避難解除も課題山積 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30673010Y8A510C1CR0000/

トリチウム処理水で公聴会 今夏開催 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180519/k00/00m/040/079000c


2018/05/16

【報道リンクまとめ】 5月16日(水)

【5月16日(水)】

療養費の給付年齢拡大 「甲状腺がん子ども基金」 - 産経ニュース https://www.sankei.com/life/news/180516/lif1805160020-n1.html

現行除染特措法、維持妥当と提言 環境省検討会 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20180516/ddm/013/040/016000c

福島、森林放射線量7割減 自然減衰のペースで低下:河北新報https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201805/20180516_61003.html

原発周辺「ヘビ」にGPSと線量計 被ばく量など把握、分析へ:福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180516-270526.php

<自主避難者訴訟>「何で来たの 福島の避難者はみんな身勝手」差別的発言に苦痛訴え:河北新報
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201805/20180516_63035.html

側溝の汚染堆積物 いわき市、今月末撤去完了へ/福島:毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20180516/ddl/k07/040/075000c



青空保育たけの子より/クラウドファンディング・自然の中で自由に遊ぶ!福島の子どもたちのために保養所を!

(現在、66%到達! 31日までです。どうぞご支援・呼びかけなど、よろしくお願いいたします。 子ども全国ネット)

NPO法人青空保育たけの子 代表の辺見妙子です。

私たちは2009年より福島で野外保育の場を子どもたちに提供していたのですが、震災時の原発事故により、継続不可能な状態になってしまいました。それでも、自然の中で五感を磨き子どもが成長する姿を見てきた私たちは簡単に諦められず、福島市から山形県米沢市へ片道50kmを毎日移動して野外保育を行うという選択をしました。

そして、震災より7年が経過したいま、次なる一歩として、現在保育で使わせてもらっている米沢市の古民家を、保育所 兼 保養施設へ改修し、保養先を探している福島の方々に提供できればと考えています。古民家を改修して宿泊事業を行うためには、消防設備一式、建築設計費、備品購入費、許認可申請費で300万円が必要です。

5月31日(木)23:00までに費用の一部の200万円を集める挑戦をしています!

この挑戦を多くの方に知っていただき、応援してくださる方を増やすため、"シェア祭り"を開催します。祭りへのご参加&ご協力お願いします!

自然の中で自由に遊ぶ!福島の子どもたちのために保養所を!
https://readyfor.jp/projects/aozoratakenokohoyo

皆さまの心温まるご支援をいただき、目標としていた200万円まであと一歩になりました。

ぜひ応援いただけますと幸いです。