2017/11/20

【報道リンクまとめ】11月20日(月)

【11月20日(月)】

交流深める秋祭り 復興住宅の原発、津波被災者 いわきで今年も開催 /福島 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171119/ddl/k07/040/108000c

【報道リンクまとめ】11月17日(金)・18日(土)

【11月17日(金)】

原発いじめ対策の現状を報告 横浜 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011226821000.html

EU 福島県産のコメなど検査証明不要に 農業協同組合新聞 http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2017/11/171117-34070.php


【11月18日(土)】

避難解除の山木屋地区、「通園・通学」24.6%:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23628630X11C17A1L01000/

「笑顔カレンダー」が完成/「うむい宮古島」 宮古毎日新聞
http://www.miyakomainichi.com/2017/11/103769/

学校給食に南相馬市産「コメ」提供 18年度から、原発事故後初:福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171118-221184.php

捕獲のニホンジカ 基準超える放射性セシウム検出 長野 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/171118/afr1711180016-n1.html

2017/11/16

【報道リンクまとめ】11月15日(水)・16日(木)

【11月16日(木)】

<福島第1原発>3号機建屋内、初公開 灰色の鋼鉄一面 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171116_63010.html

原発事故で出荷制限 宮城県産シイタケ復活を 加美の農家が試験栽培に挑戦 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171116_13016.html

東日本大震災:避難者の独自住宅支援 道、来年度も継続へ北海道 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171116/ddl/k01/040/142000c

東日本大震災:九州に避難、福岡市で19日交流会 参加者募集 福岡  毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171116/ddl/k40/040/442000c


2017/11/15

11/19 東京/2017年秋・土壌プロジェクト報告会

(主催者である「みんなのデータサイト」は、今回「日隅一雄・情報流通促進賞」の2017年度大賞を受賞しました!! おめでとうございます。今回の土壌測定プロジェクトの取組みが評価されたとのこと。その成果を気軽に聞くことができるイベント、どうぞご参加ください。 子ども全国ネット)

表現の自由や情報公開などに力を入れ、知る権利や情報通信分野で活躍するメディアやジャーナリスト、市民を顕彰している「日隅一雄・情報流通促進賞」の2017年度大賞に、 東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で汚染した土壌の計測と集積に取り組んでいるプロジェクト「みんなのデータサイト」が決定しました。各地の団体に散逸する土壌汚染データを収集し、市民の立場で科学的データをわかりやすくまとめて公開していることが評価されたものです。 http://www.news-pj.net/event/57117 

11月19日(日)に、土壌プロジェクトの報告会を開催します。
http://minnanodatasite.blogspot.jp/2017/09/11182017.html?spref=tw

土壌プロジェクトの成果であるマップを、地形や様々な要素から読み解きを試み、より皆様に理解していただきやすい形を考えてプロジェクトを進めています。

現在、ネットに馴染みのない方、17都県をまとめていつでも読みたい方に向けて、地図帳形式での出版を企画しています。その予告編として、解析を始めた幾つかの県を先行して皆様に見ていただきます。また、ホットスポットの測定プロジェクトもスタートしましたのでその報告もします。

多くの方にご覧いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

知ろう!測ろう!つながろう! 東日本土壌ベクレル測定プロジェクト
2017年秋・報告会


いよいよ「土壌の放射能を見える化」した紙のマップ集に着手!

土壌プロジェクト・アトラス<予告編>

〜いくつかの県を例に解析結果を先行報告します〜

お申し込みはこちら (Google formが開きます)

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟401
日時:2017年11月19日(日) 9時30分〜12時(午前9時受付開始)

主なプログラム(予定)

●土壌プロジェクト・アトラス(紙のマップ集)発行の進捗
●幾つかの県を例に、土壌プロジェクトのデータ解析から見えてきたこと
●栃木県でのワークショップ活動報告
●環境濃縮(ホットスポット)ベクレル測定プロジェクト報告 など

参加費500円 (おみやげつき)

*土壌ベクレル測定プロジェクトの結果を掲載したA3版マップ。下記のいずれかご希望の1枚をプレゼントします。

(17都県全体マップ、東京都マップ、神奈川県マップ、埼玉県マップ ほか)

お申し込みはこちら (Google formが開きます)




11/16 東京/緊急市民集会:原発事故による避難者の「住まい」「暮らし」の保障を求めよう -山形県自主避難者への住宅の明け渡し請求訴訟報告ー

http://hinan-kyodo.org/2017/11/08/324/

避難者が避難先での生活が再建できていないのにもかかわらず、国と福島県は、今年3月に災害救助法に基づく住宅提供を終了しました。多くの当事者や支援者が、住宅提供を継続すべきと訴えましたが、これらの声は無視されてしまいました。家賃補助や、自治体によって公営住宅への専用枠などを設定したところもありましたが、条件が限定的で、多くの人たちがこうした支援からこぼれ落ちました。

中には生活が立ちいかず、困窮してしまった避難者もおり、「避難の協同センター」のもとには、いまもたくさんの方々から、切羽詰まったSOSがよせられています。
さらに、山形県の雇用促進住宅の運営法人が、8世帯の自主避難者が住宅の無償提供が終了した4月以降も住み続けていることに対して、退去と家賃の支払いを求める訴えを起こしました。

こうした状況を踏まえ、緊急の院内集会を開催します。避難者の置かれている実情をぜひ知っていただきたく、ご参加いただければ幸いです。

日時:11月16日(木)15:00~17:00
場所:参議院議員会館B107

内容:
①避難者がおかれている現状について…瀬戸大作/避難の協同センター
②緊急報告 山形県自主避難者への住宅の明け渡し請求訴訟について
…武田徹さん(山形の当事者)および弁護団より
③支援者(団体)からの発言……ひだんれん 熊本美耶子さん ほか

資料代:500円

主催:避難の協同センター
協力:ひだんれん さようなら原発1000万人アクション市民の会

[福島日報ダイジェスト] 「棚倉町のユモギから24ベクレル」6月29日福島食品モニタリングダイジェスト

6月29日に福島県より発表された「農林水産物緊急時モニタリング検査結果」によりますと、

郡山市、三春町、西郷村などで 農産物および水産物など 188件について、放射性セシウムの検出検査が行われました。

その結果、国の定めた基準値 100Bq/
kgを超える数値が検出された検体はありませんでした。 

測定下限値を超える数値が検出された検体は、全体の約2%に当たる4件でした。

その品目と数値は次の通りです。


棚倉町産の野生のヨモギ2件中の1件から

24.6Bq/kg


広野町産のババガレイ1件から

19.1q/kg


広野町産のコモンカスベ3件中の1件から

16.4Bq/kg


いわき市産のコモンカスベ3件中の1件から

13.7Bq/kg


でした。

######


詳しくお知りになりたい方は、福島県のHPより「ふくしま新発売」、厚生労働省 および、 郡山市のHPより「食品中の放射性物質の検査結果について」をご覧ください。 なお、この情報は、フェイスブック上からも確認できます。カタカナで「フクシマン マサ」(福祉Manマサ)と検索して下さい。

※現在厚労省ダイジェスト福島県版は、ココラジ(郡山市のコミュニティーラジオ)で放送中の、「放射性物質検査結果報告」の放送原稿をお借りして、投稿させていただいています。

ココラジ(FM79.1Mz)の、「放射性物質検査結果報告」の放送時間は、毎週「月曜~金曜」の、「午後16時40分」になります。スマホやパソコンから全国での視聴も可能です。
参照:http://www.kocofm.jp/

(郡山市 池田雅之)

12/3 京都/原発事故から6年  改めて放射能汚染の実態を知り、避難者の声を聞くつどい


●日 時 2017年12月3日(日)13:OO開場・13:30開会
●場 所 京都社会福祉会館第1会議室(二条城北側)
●参加費 一般700円、原告・避難者300円

●プログラム(案)

13:00 開場・受付開始
13:30 開会・行動提起(事務局)
   講演「原発事故による放射能汚染の実態」(仮題)*講師招請中
15:00 避難者の訴え「私たちの決断…なぜ私たちは避難したのか」
   *福島県中通り、会津地方、福島県外からの避難者から
16:00 報告「勝利判決獲得に向けて」(弁護団)
16:20 質疑・討論
16:45 終了予定


原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会
〒612-0066
京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1
コーポ桃山105 市民測定所気付

Tel:090-8232-1664 Fax:075-622-9870
E-mail:shien_kyoto@yahoo.co.jp
Web:http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/
Blog:http://shienkyoto.exblog.jp/